久しぶりの頴娃の浜です。


先日(7月2日)は、3年ぶりに頴娃での釣行でした。前日オリムさんと釣行場所の打ち合わせをしたのですが、釣遊さんは7月一杯頴娃に向かうとのことでしたから、私たちもお邪魔することにしました。


広く探るために、同じ場所でなく別れて竿を出すことにして、私が向かったのは馬渡川河口周辺の浜です。





P7020657-1.jpg


浜に到着するとすでに釣り客が4名程いらっしゃいますが、前日の雨かもしくは風の為か波口付近は少し濁りがあります。


釣りへの影響が少し気にはなりますが、久しぶりの頴娃ですから気分ワクワクで今日のお供の竿とリールをセットし5色付近に仕掛けを投げ込みます。


第一投目ですからじっくり巻き上げますが反応がありません。しかし釣遊さんの情報通り波口付近で待望のアタリです。


P7020646-1.jpg


アタリのあった場所でしばし仕掛けを漂わせ回収すると、17cm位のキスが2連です。頴娃で釣り上げるのは何年ぶりなのでしょうか、気持ち黒みを帯びた綺麗なキスです。


濁りの影響は無く入れ食いなのかと思ったのですが、残念ながらアタリは散発的でシングル中心です。


別な場所で竿を出されているオリムさんと連絡を取りますが、同じような釣れ具合とのことです。当然、釣遊さんは居るだろうとは思っていたのですが、なんと近くにNZさんも居るとのことです。


川辺に前泊して頴娃での釣行・・・。さすがアクティブNZさんビックリです。!!


それならば合流しないわけにはいきませんから、私もメンバーの元に向かいます。


高取海岸にメンバー4名が揃ったのですが、ここもパッとしない様子とのことで、前回釣遊さんとオリムさんが適当な釣果を得られている前原海岸に向かうことにしました。


竿は出してはみたものの、ここも散発的なアタリの状況は変わりません。


P7020647-1.jpg


良いタイミングで現れた地元の「クロエビス」さんの情報を基に物袋海岸へも移動してみたのですが、あまり良くありません。今日の頴娃の浜一帯こんな状況なのでしょうか?


好転しない状況に、釣遊さん、オリムさん、NZさんは見切りをつけて納竿です。


P7020650-1.jpg


P7020651-1.jpg


私は約一カ月ぶりの釣行ですから納竿するには少し早いこともありましたが、頴娃のキスの引きをもう少し楽しみたいので一人残ることにしました。


最初の馬渡川河口周辺が少し感触が良かったのでそちらに向かいます。


移動後一時間ほど竿を出し10数匹を追加したところで、帰りの時間が近づいてきましたので残念ながら私も納竿です。


P7020658-1.jpg


頴娃は過去数回訪れていますが、3年前の記憶以外は訪れた時期やポイントはあいまいな記憶でしかないのですが、アタリがあったのは今回の様な波口付近でなく、もう少し沖合だったような気がするのですが。


久しぶりの頴娃での釣行は、16~18cm主体で最長20cmの43匹でした。


ホームグランドの吹上浜と違って訪れる回数が少ないですから、この時間帯だったらこの浜とか、この潮だったらこの場所とかポイントが絞れませんから爆釣とまではいかないですね。


今年は異常に多くの寄生虫が見られる吹上浜と違って、カルキスや寄生虫が見られない綺麗な頴娃のキス。私も暫くは通うことになるのでしょうかね。






  よろしければ、
↓ポチッとしてください↓


人気ブログランキングへ


ランキング順位は!
1445503069Y1eTbM0Paeloe381445503062.gif
craft遊



爆釣と言っても良いでしょう。


昨日(6月4日)は、メンバー間で呼び合っている通称「風来坊グランド」に私と釣遊さん、「オリムグランド」にオリムさんと二箇所に分かれての釣行スタートでした。





P6040550-1.jpg


状況を見て良さそうな場所に合流しましょうと言うことで連絡を取り合いますが、数日前釣遊さんも来襲に翻弄されたチャリコが今回も二箇所とも半端なく多く、その上にホウボウ、エソ、フグ、小アジ、ピンギスと五目釣り状態です。それでも良型キスも混じりますからしばらくは各々の場所で粘ってみます。


P6040552-1.jpg


P6040556-1.jpg


P6040553-1.jpg


P6040554-1.jpg


最初の見た目は絶好の釣り日和の浜が広がっていたのですが、潮が引くにつれて海底に堆積している川から流れ込んだであろう泥やゴミが波に巻き上げられて濁りが出てきました。


左右800m位の範囲を調べてみたのですが、両方とも移動するにつれて濁りがきつくなり、ちょうど南下した先にチョイ投げUさんがいらっしゃって竿を出されていたのですが、やはり濁りに苦戦されて思うような釣果を得られていないようでした。


まだ南下すれば状況も変わるかもしれませんが、確証も持てませんからチョイ投げUさんと別れて元いた場所にもどることにしました。


P6040558-1.jpg


途中数か所で竿出ししながら戻ってみると、ちょうどオリムさんも合流されていて3名揃って「風来坊グランド」で上げ潮の時間帯で良型キスを狙います。


波も少し高くなり濁りは少しありますが、上げ潮に代わるとそれまで5色付近で釣れていた良型が2色から2色半でアタルようになり、15cmを越えるキープサイズも連で釣れるようになってきました。


P6040563-1.jpg


P6040559-1.jpg


P6040562-1.jpg


満潮近くになり、近場でアタル良型キスの強い引きを楽しんでいたのですが、早朝からの釣りで餌が底をつきこれから爆釣かという時に納竿となりました。


P6040565-1.jpg


P6040567-1.jpg


P6040569-1.jpg


潮周りがあまり良くなく、おまけに思わぬうす濁りが発生するという条件のなかでの釣行でしたが、リリース率は3割位と前回と比べて見ても良くなりつつあると思われます。そんな中、最長23.5cmで18cm越えが30匹、キープした総数が93匹と爆釣と呼べる状態にまでなってきたのかなと思われます。


まだ良型ポイントは5色から4色付近と沖合ですが、もうしばらくするとチョイ投げで届く範囲にキスが寄ってくると思いますからキス釣り天国吹上浜を楽しんでみてはいかがでしょうか。




  よろしければ、
↓ポチッとしてください↓


人気ブログランキングへ


ランキング順位は!
1445503069Y1eTbM0Paeloe381445503062.gif
craft遊



やっと本調子になったのでしょうか?


今日(5月28日)は、朝マズメの時間帯に満潮が重なりますから、絶好のキス釣り日和になるはずと釣遊さんと二人で今回も小野浜への釣行です。   ***小野浜の場所情報はこちら***【キス釣り場の情報第一弾】


P5280534-1.jpg


今の時期は満潮前後2時間が狙い目ですから、6時少し前位からスタートかと思い現地に到着すると、丁度釣遊さんも道具の準備も終わり仕掛けを投入するところでした。


P5280536-1.jpg


今年はいつもの年と違い釣果が安定せず日替わりで微妙に釣れる場所が移動してますから、一投目を回収するまでしばし観戦です。


P5280537-1.jpg


隣で会話をしながら様子を見ていると竿先に明らかに良型とわかるアタリが。手前でフグらしいアタリもあったみたいですが、回収するとやはり良型のキスが付いていましたね。


私は、釣遊さんの釣果を見て少し海中は濁りが有るのかなと考え、少し離れた右側に釣り座を構えることにしましたが、手前はフグが多そうですから5色から3色までがサビク範囲かなと考え、急いで仕掛けを準備し5色付近に投げ込みます。


P5280539-1.jpg


糸ふけを取りしばらくサビクと、予想通り4色付近で竿を大きく引き込むキスのアタリが連続であり、これにはたまらず即回収です。


一投目ですから回収は慎重に行うと、幸先良い良型キスの3連です。狙った通りの場所で狙った通りのアタリがあると気持ちがいいものですね。


P5280542-1.jpg


暫くすると別の場所で竿出しされていたのんちゃんのパパさんが参戦です。濁りが結構ありフグの猛攻を浴びて転進してこられたみたいです。


ブログをみられている方が多くいらっしゃるのか、今日はキス釣りをされる方が多いですね。


P5280540-1.jpg


その後も好調で、4色付近を攻めると入れ食い状態で良型が当たるのですが、同じ場所で4~5投位すると錘の着水音で群れが散るのか釣れるキスもピンになってきますから、小刻みに移動を繰り返し良型キスを追いかけます。いつもの年でしたらこんなことはあまりなく一箇所である程度は釣れ続くのですが、今日もリリースのキスが多くなりそうですね。


P5280541-1.jpg


思っていた通り良型のアタリも満潮後2時間位までで、それを過ぎると釣れてくるのはピンギスにフグ。のんちゃんのパパさんや他の釣り人はすでに帰られ、私と釣遊さんの二人ですが、最後に右に大きく移動してみます。


うす濁りが大きく広がってきた小野浜、釣れるのはやはりピンとフグ。もう少し粘ってみれば状況も変わるのかもしれませんが、潔く諦め納竿です。


P5280545-1.jpg


P5280547-1.jpg


今回も一荷で掛かるキスもピンが多く倍くらいの数のリリースでしたが、もう少し大きければキープできて束達成できたのでしょうが、良型キスをある程度キープできましたから良しとしましょう。でも、今日の状況を考えるとサーフは一月ほど遅れているなと実感できますね。




  よろしければ、
↓ポチッとしてください↓


人気ブログランキングへ


ランキング順位は!
1445503069Y1eTbM0Paeloe381445503062.gif
craft遊



転進するかしないか、判断に迷いますね。


今日(5月21日)は、小野浜への釣行でした。今回は早めに到着したつもりだったのですが、なんと既に釣遊さんの車が草木に隠すように止まっているではありませんか。


P5210510-1.jpg


小野浜は今の時期満潮前後に良型がヒットするとのことで、そのキスを狙って夜明け前の薄暗いなか駐車場に車を止めビーチに向かったそうですが、釣遊さんくれぐれも某○○国の拉致には十分注意してくださいね。(笑)


私もいつもの場所に車を止め道具を準備していると一台の車が、なんと久しぶり合流のリョウさんです。少しばかりの会話を交わした後、浜に向かいます。


P5210521-1.jpg


P5210522-1.jpg


浜に出て辺りを見渡すと、左側の少し深みのある場所に釣遊さんの影が見えます。遠くからですが待ちくたびれたような雰囲気を感じ取れますから(笑)、二人とも気分は急ぎ足で釣遊さんのもとに向かいます。(笑)


話を聞くと、絶好の時間帯は過ぎたのか良型の朝食タイムは終わり気味で、釣れるのはピンギス主体でたまに良型が混じる状態とのことです。


P5210511-1.jpg


少し遅れてオリムおやじさんも来られたのですが、名手にしてもやはり釣れてくるのはピンの連掛け。暫くはみんなであちこち移動して探りますが、状況は変わりません。


この状況に最初に痺れを切らしたのは、オリムおやじさんで良型を求めて転進です。続いて、釣遊さん、リョウさんも転進、しかし私は今回も転進せずにこの場で状況が好転するのを粘り強く待つことにします。


P5210518-1.jpg


P5210520-1.jpg


P5210523-1.jpg


粘り続けるとほとんどが一荷と、釣れることは釣れるのですが、ピンが多く一荷二回の10匹に1匹良型が混じる感じで、合計で60~70匹位はリリースしたと思いますが、それを狙って暫くは鳶が上空を旋回し捉えて巣に持ち帰っていたのですが、あまりにも多いリリースの数に満腹となったのかそのうち飛び回らなくなりました。いつもの年でしたらリリースも少なく、キープできるサイズのキスが連で釣れてくるのですが。


P5210525-1.jpg


今回も転進しなかったのが良かったのか悪かったのか、22cm筆頭の良型28匹を含む82匹と今一つの釣果となりました。良型キスのアタリは確実に増えつつありますから、梅雨入り前に一度くらいは爆釣束釣りする機会に巡り合えるとは思っているのですが。




  よろしければ、
↓ポチッとしてください↓


人気ブログランキングへ


ランキング順位は!
1445503069Y1eTbM0Paeloe381445503062.gif
craft遊



粘りで良型キスを確保。

メンバー3名で今日(5月7日)に釣行するはずだったのですが、私だけ予定を変更して昨日単独で出かけてみました。向かったのは、先日(5月4日)、オリムさんが良型をゲットされた吉利海岸です。


吉利に到着するとゴミが海岸線に帯状に見えてはいますが、海は凪で濁りは見られず絶好のキス釣り日和の海が広がっています。


P5060445-1.jpg


P5060450-1.jpg


ところがこの日もスタートは不調で、ここ最近の釣行全般に言えるのですが、朝マズメの時間帯でも干潮時間帯は釣れず、海の状態はベストに見えてもなぜか釣れてくるのはリリースサイズです。


P5060451-1.jpg


この状況も満潮の時間帯まで粘れば状況が変わるかもしれないのですが、同じ場所でその時間帯までじっと待っことのできない性格の私ですから、今回もまた転進に次ぐ転進で、吉利海岸からマイグランド、小野浜、そして満潮の夕方近くに最終地二潟海岸です。


P5060454-1.jpg





夕方近くになると北からの風が吹き出し、手前は薄っすらと濁りが出て来ましたから沖合を攻めるしかありません。しかし、ここ二潟付近はまだ沖合にはゴミが残ってますから、足を使って探らないといけません。


移動を繰り返し探ると、やっとゴミの少ない沖合のキスの居場所を発見です。


P5060456-1.jpg


P5060459-1.jpg


ここまでは大半がリリースでキープしていたのは10匹足らず、見つけた場所は20cmクラスの入れ掛かりです。最長21cmで、20cm交じりの5連一荷もありました。


P5060462-1.jpg


P5060464-1.jpg


何時もの年でしたら、5月の連休は干潮の時間帯でも良型がそこそこ釣れていたのですが、今年はキスのシーズンが少し遅れている為なのか、良型を狙うのであれば満潮前後が良いように思われますね。




  よろしければ、
↓ポチッとしてください↓


人気ブログランキングへ


ランキング順位は!
1445503069Y1eTbM0Paeloe381445503062.gif
craft遊



プロフィール
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者
現在の閲覧者数:
フォトチャンネル
ch367889
スナップ写真

ch367887
鹿児島の祭り

ch367884
霧島の風景

ch367888
吹上浜

ch367941
乗り物

ch367942


ch368032
まち歩き
オリジナルステッカー
        
ブログランキングに参加中!!

よろしければポチッとしてください。
craft遊
1438646859URJO3GnD2KaqyIQ1438646859.gif ↓↓↓


人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
人気ブログランキング
アクセス解析
香酢
QRコード
QR
潮汐表
鹿児島県-鹿児島
Weather-GPV(気圧・風速)
Weather-GPV(沿岸波浪)
天気予報
ライブカメラ
吹上浜(江口蓬莱館)
吹上浜(江口カメラ)
吹上浜(サンセットブリッジ)
西方海岸(薩摩川内市)
笠沙(南さつま市)
小平瀬鼻灯台(阿久根市)
内之浦湾(肝付町)
辺塚海岸(肝付町)
開聞岳・長崎鼻(指宿市)